ブログトップ

山里くつきフォトレター

gonkappa.exblog.jp

カテゴリ:くつきの森での活動( 380 )

森の作業日!

くつきの森では毎週木曜日を作業日と定め外回りの作業を進めています。
今日は、3名の方がボランティアとして応援に駆けつけていただき、先日の「未来の森づくり」で伐採・搬出した木材の薪割り・マキ積みを実施しました。暑い一日でしたがおかげさまで沢山のマキをストックすることができました。これから2年ほど乾燥させ、薪ストーブや石窯の燃料として使うことになります。
f0077877_20043640.jpg
f0077877_20045701.jpg
f0077877_20052563.jpg
f0077877_20055936.jpg
f0077877_20061862.jpg
f0077877_20064575.jpg


by gonkappa | 2017-07-06 20:08 | くつきの森での活動

棚田探訪~広島県・島根県~

暇を見つけては棚田巡りをしていますが、今回で10回目、目的地もだんだんと遠くなってきました。
広島県と島根県の棚田を訪問するには1泊2日では無理ということで、コースと距離、宿泊地をどこにするかなど検討を重ねた結果、平成28年6月27日(月)の夜に出発し、中国道安佐SAで車中泊をし、2日目に4か所の棚田を訪れ、その夜は玉造温泉で宿泊、3日目に出雲大社に参詣、米子でかつての欧州旅行で一緒だったKさん夫妻とランチをし、帰路の途中で同じく旅行で一緒だった津山のKさん宅へ寄り、帰宅するという総延長1,400㎞の強行軍の棚田行を計画し、予定通り行ってきました。
f0077877_19225357.jpg


 平成28年6月27日(月)21:15 雨が降りしきる中、出発。
国道367号線、西大津バイパス、京都東ICから名神高速道路、中国自動車道をひた走ること430km、3:30中国道安佐SAに到着。ここで車中泊することに。この日のために購入したエアマット(ほぼ水平なベッドが完成)と窓に銀マットをはめ込みしばし就寝。 朝、6:30頃目が覚め外を見ると雨があがり、靄がかかっている模様。ここで洗顔し、7:15棚田探訪へ出発。中国道を戸河内ICで降り、一つ目の棚田広島県唯一、安芸太田町の「井仁の棚田」をめざす。およそ30分で井仁の棚田に到着。整然と石積みがされた井仁の棚田へ到着。山には朝もやがかかり雨上がりの棚田が美しい。7.9ha、324枚と看板にはあった。棚田祭りなどで都市交流を図っているとのこと。先人達はここを4と評価されていた、妥当なところか。
f0077877_1923218.jpg


 再び戸河内ICに戻り、IC前のコンビニで朝食をとった後、中国道を西進、山口県を一部通りながら、六日市ICでおり、二つ目の棚田、島根県吉賀町柿木村の「大井谷棚田」へ。野面石積みの美しい棚田で、面積は6ha(30年前は17haあったとのこと)。駐車場やトイレ、展望台への階段や東屋までが整備され、棚田を素材に地域の活性化をめざしておられるよう。ここも頑張って保全されている模様。こちらも先人の評価4、こちらも妥当なところか。
f0077877_19234432.jpg


 ここから津和野は近いということで、訪ねてみることにし、ナビを津和野主要部としたところ役場の所在地を指定してしまい、めざす町並み保存地区とは10kmほど離れていることが判明し、ナビを再セットし目的地へ。津和野駅の駐車場へ車を入れたが広い駐車場に我が愛車1台だけが駐車している有様。街並みはきれいに整備されているが萩・津和野が一世を風靡した時代はどうも終わったようで、平日ではあるものの観光客はまばら。鯉の泳ぐ水路もなぜか濁った状態。町中が閑古鳥が鳴いているようで何か寂しい思いで、津和野をあとにした。
f0077877_1924698.jpg

 国道9号線を日本海、益田市をめざして走る。走ること1時間ほど、益田市中垣内町の「中垣内棚田」へ。現場に立つ看板によると平安時代から開発された古い棚田のようで、面積135アール、147筆とある。耕作放棄された田が目立ち、多少がっかりとする棚田である。
f0077877_19242969.jpg

気を取り直して途中の道の駅で昼食をとり最後の棚田へ。
浜田市三隅町「室谷の棚田」。今回の棚田の中で唯一の5評価、期待が膨らむ。
途中から道が急に狭くなりアルファードでは身動きとれにくい感じ。ここの棚田は畦は土羽で他の地区に比べて草刈り作業は大変だろうなと思いながら展望台へ。データによると28ha4000筆とあるが今はこんなにはないのだろう。展望台からは日本海も遠望出来、見通しがきけば一段ときれいな景観が楽しめただろうなあと思いつつ、今回の棚田探訪を締めくくった。
f0077877_19245467.jpg

この日は、朝早くから活動を開始したこともあり、早めに旅館に入りたいと、玉造温泉へ急ぐ。山陰自動車道が整備中でもあり、自動車道に乗ったり、降りたりを繰り返しながら約2時間で宿舎「長生閣」に無事到着。

3日目、ここまで来たのだから「出雲大社」はお参りせねばと、約1時間ほど逆方向に走り、お参りと土産物を購入する。
12時に米子のKさんと天満屋で合流し、大山麓の大山レークサイドホテルへ。ここのレストランでランチをご馳走になり、米子IC付近まで先導してもらいKさんとはここでお別れ、米子道にのり津山をめざす。久世ICで降り、K家へ。ここでしばし両人と歓談し17時頃、帰路につく。帰りは中国道・舞鶴道経由、西紀SAで夕食をとり、ちょうど48時間で21:15に自宅到着。1,400kmの長旅が無事に終わった。
by gonkappa | 2016-07-06 18:21 | くつきの森での活動

芝刈り作業実施中!!

待望の芝刈り機が納入され、早速、くつきの森の4つの広場の芝刈りを実施しました。
久しぶりに丸坊主に散髪したように広場が爽やかに変身しました!
f0077877_1523115.jpg
f0077877_15231962.jpg
f0077877_15233080.jpg
f0077877_15234476.jpg
f0077877_1524462.jpg

by gonkappa | 2016-07-02 15:24 | くつきの森での活動

研究所のデッキ更新しました

くつきの森ユリノキ広場の研究所デッキの老朽化が進んできたので
森の中の杉材を活用して新調しました。
ボランティアの協力をいただき、旧材の取り壊し・撤去、
基礎から杉角材を積み上げ、防腐剤を塗布し、タルキを
打ち最後に20mmのスギ板を打って完成です。
素人の仕事ですが「まあまあ」の出来でしょうか!
f0077877_1213573.jpg
f0077877_1214738.jpg
f0077877_12276.jpg
f0077877_1221938.jpg
f0077877_1223440.jpg
f0077877_1224715.jpg
f0077877_123298.jpg
f0077877_1231553.jpg

by gonkappa | 2016-06-12 12:04 | くつきの森での活動

ハンカチノキ、まもなく満開!!

先日取材をしていただいていた「くつきの森」の記事が今日の滋賀版に掲載されました。読者の多い湖北の友達から電話やメールをもらい、早速来園される方もあるなど改めて新聞の広報力の大きさに驚いているところです。ちょうどハンカチノキも今週末が見頃になりそう、新緑爽やかなくつきの森へみなさまどうぞお越しください。
f0077877_202933.jpg

by gonkappa | 2016-05-02 20:29 | くつきの森での活動

スズメバチトラップ回収!!

昨年の夏、くつきの森ではススメバチの発生に悩まされたため、スズメバチトラップを設置して様子を観察していましたが、設置から一月が経つので、トラップを回収してみました。
4ヶ所のうち1ヶ所のトラップを開けたところ、キイロスズメバチらしい個体が2匹かかっていました。
今の時期に女王蜂1匹を捕獲するとひとつの大きな巣の形成が回避されるとのことで、まずまずの成果でしょうか。春先のこの時期に捕獲することが大事ということなので、再びトラップを設置をします。
誘因剤は、清酒1升+砂糖500g+食酢250ml、誠に贅沢なものです。
これで成果がでれば、より一層安全安心な森を楽しんでもらえることができます!!
f0077877_10152639.jpg
f0077877_10153790.jpg
f0077877_10154563.jpg
f0077877_10155888.jpg
f0077877_1016963.jpg

by gonkappa | 2016-05-01 10:17 | くつきの森での活動

里山整備進行中!!

くつきの森は146haと広大な面積を有していますが、その中におよそ13kmの遊歩道が設置されています。
今年の里山整備のテーマは、遊歩道沿いの安全確保と景観の改善。
23日の未来の森づくりでは19名の参加者で遊歩道沿いの枯れ木の伐採・整理作業を。
25日には専門家にお願いして松枯れ木の伐採整理作業を実施しました。
f0077877_14345942.jpg
f0077877_1436273.jpg
f0077877_14361721.jpg
f0077877_1438113.jpg
f0077877_14383896.jpg
f0077877_1439651.jpg
f0077877_14392319.jpg
f0077877_14414740.jpg
f0077877_14421865.jpg
f0077877_14422787.jpg

by gonkappa | 2016-04-28 14:43 | くつきの森での活動

トチの巨木、下見実施!!

くつきの森のイベントとして5月7日に開催を計画している朽木山歩(くつきさんぽ)、くつきの森の周辺の山を日帰りで歩き、朽木の自然を存分に味わおう!!というものです。
今日は、その下見ということで、巨木と水源の郷を守る会のメンバーさんに案内していただき朽木中牧のトチの巨木林を歩いてきました。
f0077877_16365656.jpg
f0077877_16371265.jpg
f0077877_16373012.jpg
f0077877_16374792.jpg
f0077877_1638511.jpg

急坂を登ること40分、樹齢数百年というトチの巨木が谷を埋めていました。
by gonkappa | 2016-04-21 16:41 | くつきの森での活動

スズメバチトラップ設置しました

くつきの森にスズメバチトラップを設置しました。昨夏はスズメバチの発生で苦労したので、少しでも減らしたいとのおもいでロッジ周辺などに設置したものです。ペットボトルを加工し、雨よけに屋根をとりつけ、誘引剤には、清酒と酢と砂糖を入れています。混ぜるだけでもくらくらと酔いそうな複雑な匂いがただよいます。一夜明け、今朝確認してみると、何やら虫が早速飛び込んでいました。スズメバチ対策として効果が期待されます。
f0077877_1153429.jpg
f0077877_11531811.jpg

by gonkappa | 2016-04-04 11:54 | くつきの森での活動

木橋復旧しました

まるで春本番のような好天のくつきの森。
冬仕事に大工仕事や木橋の復旧作業を進めています。
今日は、ロッジ横の小さな木橋、腐って壊れていた1m余りの小さな木橋を架けました。
今回は水に強く腐りにくい「クリ」を使っての作業です。
まずは桁にクリの丸太を渡し、その上に半割のクリの木を並べますが安定性が良いように桁にチェンソーで三角の窪みを作ります。
クリの木は割りやすいのが特徴で、断面に斧を当て、ハンマーでたたくと見事に真っ二つに割れます。
難儀なのが釘の打ち込みです、五寸釘で半割と桁とを固定しようとするのですが、木が堅く釘が曲がってしまいます。そこで半割にはドリルで穴を開け、そこに五寸釘を大胆かつ慎重に打ち込んでいきます。
そんなことで、小さな橋ですが無事完成しました。腐らずにこれから長い間役に立ってくれることでしょう。
f0077877_15594578.jpg
f0077877_1559564.jpg
f0077877_160649.jpg
f0077877_1601896.jpg
f0077877_1603049.jpg

by gonkappa | 2016-02-11 16:02 | くつきの森での活動