ブログトップ

山里くつきフォトレター

gonkappa.exblog.jp

第2回針畑ワークショップ

第2回針畑ワークショップに参加してきました。
f0077877_12301943.jpg

針畑地域は、高島市の西端に位置し、福井県や京都府と県境を接する山間部にありますが、ブナの原生林や林道からの雲海の眺望などで知られる自然豊かな魅力あふれる地域です。
朽木の中でも、市場周辺の東地域に対し西地域と呼ばれる地域で、積雪量においても相当な差があり、市場では田んぼの雪もほとんど消えたにも関わらず、針畑ではまだこれくらいの雪が残っています。
f0077877_1231433.jpg
f0077877_12311432.jpg
ここ針畑の集落では、過疎化や高齢化が速いペースで進行しており、集落の暮らしのなかでこれまで培われてきた田畑や里山、伝統文化などの地域資源を守ることが難しくなってきていることから、地域の活性化の道を探っていこうとワークショップが開催されたものです。
f0077877_12314733.jpg

お昼には針畑の伝統料理を楽しみました。針畑ならではのこうした食文化も地域の資源として大変貴重なものです。
f0077877_12322641.jpg


今日は、地域住民の皆さんと針畑地域のファンの都市住民の皆さんたちおよそ60名が参加し、第1回の「宝もの探し」と「処方箋づくり」に続き、今回は、「具体的に何ができるか?」の視点から、4班に分かれてワークショップを行い、様々なアイデアの発表により情報の共有化を図りました。
f0077877_1232423.jpg

地域の豊かな自然と人的資源を活かして観光振興を図ろうとするアイデアや、まずある程度の人がいることが活力をもつうえで不可欠、そのためにも針畑の出身者にも声をかけ、祭りのように一同に会する機会を作ろう、そして針畑の将来を考えるきっかけにしてもらおう、また女性グループからはもっと身近にみんなが持っている技術を活かせるよう情報を集めて発信していけば等々、すぐにでも実践できるアイデアやこれから実行委員会をつくり検討していく企画など、とにかく一歩踏みだそうという気持ちを分かち合ったワークショップになりました。
by gonkappa | 2008-03-16 09:04 | 朽木のくらし
<< 農家民宿のススメ 春近し・・・ >>