ブログトップ

山里くつきフォトレター

gonkappa.exblog.jp

<   2008年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

魚のゆりかご水田セミナー

かつて、びわ湖の周辺の田んぼはびわ湖の魚の産卵繁殖の場として大切な役割を担っていました。
一方、これらの田んぼは、湿田であるなど、営農条件として恵まれたものではないことから、農地の整備が進められました。その結果、排水路は深い構造となり、排水路と田んぼを行き来していた魚たちの経路が断たれてしまいました。
そこで、営農にも影響を与えずに、魚たちが田んぼへ上がる道が確保できないものかと、平成13年以降研究をかさね、到達したのが、現在の排水路全面魚道方式です。
そして、これを利用して上れる水田を「魚のゆりかご水田」と名付け、琵琶湖周辺の田んぼへの普及を図っているところであり、これに関わる人たちの情報交換の場としてセミナーが開催されたものです。
これはそんな水田でとれたお米のロゴマークです。
いわば、びわ湖の魚たちが選んだ安全安心なお米ともいえます。
f0077877_23301041.jpg
f0077877_2331658.jpg
琵琶湖博物館の魚類の専門家からも魚の生育環境としての田んぼの優位性についてお墨付きです。
f0077877_23312362.jpg
f0077877_233135100.jpg
琵琶湖の周辺の集落では集落ぐるみの活動としてゆりかご水田に取り組まれています。
f0077877_23315050.jpg

神奈川県小田原市からは桑原めだか米の取り組みについてもご紹介いただきました。
f0077877_2332863.jpg

田んぼへ上がってくる魚の中にはニゴロブナもいます、そうです、滋賀県名物フナ寿司の原料になる魚です。
魚のゆりかご水田は、魚にとって良し、農家にとって良し、地域にとっても良し、琵琶湖に良し、そして地域の子ども達にとって良し、の5方良し取り組みです、もっともっと琵琶湖の周りに拡がっていくと良いですね。
by gonkappa | 2008-10-31 23:15 | 番外・朽木以外

来年の稲作に向けて・秋鋤きしてきました

稲刈り後、田んぼをトラクターで耕起することを「秋鋤き」といいます。
コンバインで刈り取り散布された稲ワラを土壌中へ鋤込むことから、このように呼ぶようですが、その効用はいろいろとあるようです。
f0077877_215403.jpg
やはり一番の効用は鋤込むことによりワラの発酵を促し、肥料分として活用すること。
これを秋に作業することによりメタンガスの発生が抑制される(??ちんぷんかんぷんですが)土壌を反転することにより、土壌に酸素を供給すること。などなど。
f0077877_216087.jpg
f0077877_2162488.jpg
ところが、我が田んぼにとって、今年の一番の目的は、排水を良くすることです。
八月の雨で、今年の刈り取りは水たまりの中で刈り取ったのですが、コンバインの轍が溝となって、雨水が溜まり、なかなか乾燥しない状態が続いています。
そこで、耕起をすれば筆全体の浸透が促進できるのではとの思いと、耕起と同時に溝を切り水溜まりを解消しようという算段です。
耕起したしりからトビがミミズを狙って急降下です。
f0077877_2175269.jpg

f0077877_2181095.jpg
トラクターを入れてみると案の定、例年に比べ相当柔らかめ。やっぱり排水が大事と納得しながら耕起作業を終えました。来春に向けて少しは排水効果が上げると良いのですが・・・
by gonkappa | 2008-10-29 21:09 | 朽木の農・林業

森の結婚式

くつきの森、ユリノキ広場で結婚式が行われ、お呼ばれをしてきました。
新郎・新婦は、緑のふるさと協力隊のメンバーで、1年の派遣のあとも
朽木に残り、地域活動を盛り上げてくれている二人です。
そんな二人を応援しようと、観光協会のメンバーが中心になって
ボランティアスタッフをつとめてくれました。
朽木の村人もたくさん招待され、お祝いに駆け付けました。

晴れやかに新郎新婦の入場です。
f0077877_17213612.jpg


新郎は高島森林学校のスタッフでわが麻生里山センターのメンバー
ですが、理事長が代表してお祝いの挨拶を申し上げました。
f0077877_1722230.jpg


ユリノキ広場は、シンボルツリーであるユリノキを中心に広々とした
芝生広場で、100名の参加者でものびのびとした結婚式場に早変わりです。
f0077877_17222450.jpg


新郎新婦の原点ともいえる緑のふるさと協力隊のメンバーも全国から
お祝いに駆け付けました。
f0077877_17241238.jpg
f0077877_17244135.jpg


チェンソーアートクラブのメンバーもお祝いに駆け付け実演されました。
f0077877_1725538.jpg


出席者が飾り付けたウェディングケーキにお二人で最後の飾り付けを・・
f0077877_17255721.jpg


朽木太鼓もおおいに結婚式を盛り上げます。
f0077877_17264666.jpg


実は、新郎も太鼓クラブのメンバー、新郎も参加して元気な演奏を新婦に
送ります。
f0077877_17271367.jpg
f0077877_17272688.jpg


宴もたけなわ、新婦からご両親へお礼の言葉です。
神戸や名古屋から朽木へ移ってきた二人、その過程では
いろいろなご両親の思いもあったことでしょう。
それでも二人を信頼し応援してもらったことなど、
新婦の言葉に参加した人たちは思わず目を潤ませていました。
f0077877_17281880.jpg


両親も、最初心配していた、片田舎・朽木をとても気に入って
いただいたようです。そして二人を見守ってくれた朽木の人たちに
深い感謝の気持ちでお礼を申されていました。
f0077877_1731923.jpg


これほど感動的な結婚式も無かったのではと思うほど、
すばらしい結婚式でした。

ほんとに、おめでとうございました。

新郎新婦のお二人も多くの朽木の人々の祝福を受けて
新しい一歩を踏み出していきます。
朽木の一員として、時には応援し合いながら、楽しみながら
頑張って、みんなで盛り上げていきましょう。

朽木のみんなはいつでもあたたかく見守っていますよ。
by gonkappa | 2008-10-25 17:34 | くつきの森での活動

トンボ

先日の野焼きの会場で見つけたトンボです。ウスバキトンボでしょうか?
小枝にじっと留まって、カメラをマクロにして2、3cmに近づけても飛び立たずにポーズを取ってくれました。トンボの目から見ると人間はどのように見えているのでしょうね?
f0077877_21542045.jpg
f0077877_23464015.jpg

by gonkappa | 2008-10-24 21:55 | 朽木の四季

陶の原点・野焼き

陶の原点、縄文土器などはこのようにして焼いていたのでは、
と思えるような野焼きに挑戦して3年目、麻生里山センター
秋の一大イベントが18日から1泊2日で行われました。


by gonkappa | 2008-10-19 22:15 | くつきの森での活動

針畑の雲海

今朝、5時起きして、朽木針畑小入谷まで軽トラで1時間。
おにゅう林道の雲海を見てきました。
このところ晴天続きで、おまけに今年はよく霧が出ているとの情報を得て、
林道からの雲海の眺望を楽しみに早起きして出かけたものです。
期待に違わず、谷間に霧が溜まったような見事な雲海が見られました。
おまけに、着いた瞬間に稜線から朝日が昇って来るというタイミングの良さ。
早朝にも関わらず、雲海を求めて何台もの車が来ていました。
まさに、早起きは三文の得、な気分に浸ってきました。
f0077877_1539418.jpg
f0077877_15395114.jpg
f0077877_15395973.jpg

by gonkappa | 2008-10-19 15:41 | 朽木の四季

稜線に日の出が

朝、気温は10℃、このところ良いお天気が続いている朽木です。
安曇川駅への通勤途上、6:40、野尻を通る時、稜線から朝日が顔を出しました。
うっすらとガスも出ており、こんな日には小入谷の林道も雲海がでているかな?
と想像しながら仕事場をめざしました。
f0077877_2234579.jpg

by gonkappa | 2008-10-17 22:27 | 朽木の四季

朽木スポーツカーニバル

ちょっと風が強い秋空のもと、伝統の運動会が開催されました。
村の人口の半分は集まったかと思われるくらい多くの人が参加しました。
f0077877_21361477.jpg
f0077877_21363025.jpg
ゲームは集落対抗で得点を競います。
まずは、玉入れ、全60個を入れると20点の特別点がもらえるとあって、どのチームも一生懸命です。
f0077877_21381946.jpg
朽木は昔から山で鍛えた力自慢が多い所、綱引きには一段と力が入ります。
f0077877_2139057.jpg
お昼はそれぞれの家庭で手作りのお弁当を楽しみます。
f0077877_21383772.jpg

朽木中学の生徒達によるヨサコイソーラン、力強い踊りに観客も大拍手です。
f0077877_21453624.jpg
集落対抗のリレー、やっぱり運動会のメーンイベント、最後はこれで大盛り上がり。
f0077877_21455488.jpg

運動会は村中の人たちが集う一番のイベントです。
これからもズーッと続いて行って欲しいものです。
by gonkappa | 2008-10-12 21:47 | 朽木でのイベント

秋の風

f0077877_21493459.jpg
暑くもなく、寒くもなく、程よい季節を迎えている朽木の里です。
でも、秋とはいってもまだまだ紅葉には間のある朽木の里ですが、
ちょっと早めのモミジが色づき始めています。

こちらは、今津町の箱舘山の麓、稲刈りが終わった田園風景に
コスモスとソバの花が彩りを添えています。
f0077877_21505191.jpg
f0077877_2151025.jpg

by gonkappa | 2008-10-11 21:52 | 朽木の四季

京は遠ても十八里

麻生里山センター(財)森林文化協会の共催で開催されてきた里山講座
今年は、鯖街道を根来峠~久多~花脊峠と訪ねてきましたが、最終回の今回は
起点である小浜・熊川・保坂・朽木市場を回ってきました。
f0077877_2220195.jpg

京は遠ても十八里、小浜から京都への鯖街道のことをそのように呼んでいたようです。
経路は数多くあったようですが、今回の街道、現在の国道でいうと
小浜~上中 R27、上中~保坂 R303、保坂~朽木~京都 R367がもっともポピュラーな
コースだったようです。
f0077877_22204464.jpg
このようにして人々の背中をリレーしながら運ばれたのでしょう。
f0077877_2221171.jpg

f0077877_22223475.jpg

若狭町上中にある熊川の宿です。
昔の町並みが復元されており、当時の街道の様子を体験することが出来ます。
f0077877_22262281.jpg
f0077877_22263214.jpg
熊川から水坂峠へ、いよいよ近江の国へ入っていきます。
by gonkappa | 2008-10-04 22:26 | 番外・朽木以外